非言語コミュニケーション

言葉はわからなくても伝わるものです

昨日は自分の4×回目の誕生日を迎えました(^^;)

ありががたいことに沢山の方からのメッセージをいただいて

励まされています(^^♪

今年は海外の方からも沢山いただきました。

これは不思議なんですが、諸外国も日本も、風習に壁が無くなりつつある

と感じるものですね。

いろいろな国からHappyBirthdayとくると、外国人という感覚は無く

友達!という感じです。

それと連絡ツールがここ数年で格段に増えましたよね。

Facebook、LINE、Skype、その他もろもろ、、

いろいろメッセージが飛んできました。

日本にいても、外国にいても、共通する言葉や風習があって

もう距離感を置かずに連絡がとれ、気持ちを伝えることができる。

誕生日をみんなでお祝いするのは万国共通。

もう地球の上ならどこでもいつでも繋がるって感じます(*^_^*)

婚活成功法則|言葉にしないで気持ちを伝える方法-パート1

伝え方の別の切り口「言葉」を使わずに伝える

3つの大切なことで「言葉」というのをピックアップしていましたが。

言葉以外の「非言語」「ノンバーバル」とも言いますが。

これも、例え外国人であっても通じるコミュニケーションです。

つまり、日本人同志でも、言葉を発しなくても心通わせることができる。

コミュニケーションと言えます。

下手に日本語が分かる同士の方が、ひっかかりますよね!

「そんなの常識だろ!」

とか

「普通こうだろ!」

とか、口癖になっているとしたらやばいですよ!

日本以外では全く通用しませんから。

離婚の原因に価値観の不一致がよく取り上げられますが。

コミュニケーションの不一致とも言い換えられます。

これは結婚生活だけではなくて、婚活中の時から必要なスキルです。

既成概念を外すために、この「非言語コミュニケーション」を鍛える

そういった必要があります。

それは身なり、表情、身振り手振り、仕草、匂い、気遣い、

視覚、嗅覚、心の感覚、脳へ直接訴えかけるものです。

これは、耳が聞こえない障害を持っている方が話していました。

手話よりも、相手の目と表情から一番情報をインプットすると。

人は何か足りないことになると、その重要さが分かってくるものです。

非言語コミュニケーションのトレーニング方法

1. 相手の顔の表情を真似してみる
相手と会話しているとき、その表情を真似てみる。

相手が、怒っているとき、怒った顔してみる。
泣いているとき、泣きそうな顔してみる。
笑って話して来たら、笑って答えてみる。

2. 態度を真似る。
相手と同じ仕草をする。椅子に座った、こちらも座る。お茶を飲んだら、こちらも水お茶を飲む。口を触ったらら、自分も口に手を当ててみる。

3. 相手から話しかけられたら必ず相手の目を見て話す。

後ろから声をかけられているのに、相手に向かわないで返事したりするのではなくて、ちゃんと相手を見て目を見て反応する。

この「ノンバーバル・ペーシング」を使うことで相手は親近感を感じることができます。

まとめ

相手をよく観察をして、相手をよく理解をする。相手の要望に耳を傾け、相手に応える。

そんな大したことじゃないコミュニケーションが結婚する相手の心を掴むものです。

結婚する前から婚活をしているときから身に付けましょう!

最後まで読んでいただいて感謝します。

あなたに素敵な出会いがあることを願っています。

 

僕の主催する「エターナルマリッジ」のMISSIONも読んでみて下さい。
↓↓↓
http://goo.gl/SwfKgl

PS

ひとりでも安心して行ける婚活パーティのご案内です。
たばこを吸わない方限定食へのこだわりお店、無農薬・無化調・自然派「radi cafe 四日市」で開催
↓↓↓
http://mecan3.jp/mie/
今婚活で悩んでいることなんでも言って下さい!
↓↓↓
http://goo.gl/forms/dgo7cx1IHV

半年間で400人以上が受講した結婚心理学講座(コミュニケーションセミナー)現役のセミナー講師が、結婚に向けての人間関係構築を徹底的に分析した人間深層心理学プログラムを公開。重要な要素でありながら、誰も教えてくれなかった「初対面の相手に好印象を与える法則」や「デートに誘って断られないテクニック」など心理学に基づいたメルマガになっています。今までの人生の延長か、これからの人生を変えるか、あなたの人生に変化を起こすメルマガです

※結婚心理学メルマガの登録はこちらから

お名前 (姓のみ)

メールアドレス (必須)