名前で呼ぶ

ミツタニさん!

僕の名前よく間違われてしまいます。
正解は「みたに」です。
中にはずっと間違えてよんでくれるひともいます。
そんな経験ありませんか?
鈴木一郎さんみたいに、日本人なら絶対間違わない名前の方はないかもしれませんが!

間違って呼ばれると「ムッ」とする人がいるように、逆にちゃんと相手の名前を呼べれば相手はこちらに興味を持ってくれるものなんです。

LINEの効果的使い方は、メッセージの頭に「○○さん・・・」と名前に言葉を投げかけます。そうすると、言葉が伝わりやすくなります。なぜかというとほとんどの人は名前で呼びかけていないからです。

名前にはそれぞれの人の命が宿っています。それだからその名前を大切にしてあげることは、相手を大切にするのと同じくらいの効果が期待できます。

感謝の言葉を具体的に話す

「○○のこと本当に嬉しかった!ありがとう」
相手の名前と感謝の言葉を入れる。しかも具体的に。

「その気持ちわかるわかる」
理解を示す、共有する。

上っ面の言葉だけなんて!と思うのは大きなコミュニケーションエラーの原因にもなります。

すべては言葉にしないと相手には伝わらないからなんですよね。

ですので、言葉(言霊)を上手に使うことが相手の気持ちを満足させ、相手に興味があることを伝えることがこちらに興味を持ってもらう最高の極意なんです。

それは相手の存在感を尊重するという心理学者マズローの6大欲求説のひとつ承認欲求を満たすものになるからです。

目の前の人を大切にする気持ちを持つ

婚活や結婚生活を上手くやっている人の特徴は

「目の前の人を大切にしている」

です。

「大切にしているってどうするの?」

逆を言えばですね。目の前にいる人を軽んじる行為

それは「人の名前を呼ばない」

ということです。

最近仕事中に人を名前で呼んだり

名前で呼ばれたりすることありますか?

僕たちはそのことに慣れてしまっているのかもしれないんです。

だからこそ

「名前を呼ぶ」という行為はそれだけで特別なんです。

今日から積極的にどんな人にでも

「○○さん!」

と名前から声をかけてみてください。

LINEだけで相手を好きにさせる3つの極意は

1. 名前で声かける
2. 具体的に感謝の言葉をかける
3. 目の前の人を大切にする気持ちを持つ

この3つを実践すればあなたも劇的にモテるようになり婚活が上手くいくようになります。

気になった方はこちら!スマホでクリック電話できます

LINEで相談ココをクリック→@eternalmarriage