国際結婚のススメ~増え続ける新しい愛のカタチ【エターナルマリッジ】のヘッダーイメージ

ご祝儀文化や式の費用相場をチェック-国際カップルの結婚式事情

国際結婚する時の結婚式はどうする?生活をする国を中心に考えるのが一般的で、海外から招待するゲストや結婚相手の希望などを配慮した上で決めましょう。海外ではご祝儀文化がない?海外ゲストの御車代は必要?国際結婚ならではの気になるポイントをまとめました。

結婚式はどうする?

カジュアルな結婚式のイメージ

 

国際結婚をする場合、結婚式をどうするかが課題になります。
新郎と新婦それぞれの気持ちのほか、双方の家族の意向も確認しておくとよいでしょう。

 

一般的には結婚後に居住する国では盛大に結婚式を挙げ、居住しない方の国は結婚式を挙げないか規模を縮小して実施します。
日本で結婚式を挙げて海外ゲストを呼ぶ場合、ご祝儀は辞退して旅費を自己負担にしてもらう方法が主流です。

 

日本で結婚式を挙げる場合

結婚相手が日本企業に勤めているなど、外国人の配偶者に国内の友人・同僚が多い場合を除いて規模を小さくするケースが多いです。
日本の結婚式は一方の招待人数が多すぎる状況を嫌う傾向が強く、結婚相手のゲストが少なくなる場合は小規模の結婚式が人気です。
また、日本人の新婦もしくは新郎が国際結婚を理由にした偏見の目を気にする理由で、結婚式は親族と厳選した親友のみに絞り込んで実施するケースが多く見られます

 

海外の結婚式事情

結婚式の事情やスタイルは国によって様々です。
よくある事例や気になるポイントをまとめました。

 

ご祝儀なしが普通

海外では結婚式でのご祝儀はなく、新生活に必要な物でプレゼントするケースが多いです。
欧米では新郎新婦が欲しいものリストを作成してネットで公表し、効率良く家具家電などを調達するスタイルが増えています。
一部で現金やギフトカードでお祝いを贈る人もいますが、アメリカの場合でご祝儀相場は50~100ドルほどです。
日本のように結婚式費用の半分以上がご祝儀で戻ってくることはなく、必然的に新郎新婦が結婚式を挙げるために負担する費用が多くなります。

 

結婚式の費用相場

国や地域によって違いはありますが、先進国の場合は日本円で300万円前後の結婚式を挙げるケースが多いです。
地域性や規模によっては500万円を超えるケースもあり、結婚式にかかる費用相場は日本と同じくらいだとイメージしておきましょう。
以前は挙式だけ教会や結婚式場で行い、披露宴のような結婚パーティーを自宅などへ招待して行う方法が人気でした。
昨今は欧米でも日本と同じように結婚式場やホテルで披露宴パーティーを行うスタイルが主流に変化しています。

 

日本の結婚式は演出や食事、引き出物にこだわるものですが、韓国や中国、台湾などの東アジアでは記念写真の質を重視する傾向が強いです。
国や地域によっては地域が一丸となり、地元住民がボランティアになって費用をかけずに結婚式を挙げられるケースもあります。

 

 

結婚相手と話し合おう

会話が弾む国際カップルのイメージ

 

日本人が国際結婚して日本で住む場合、結婚式を挙げようとしない人が多く見られます。
最近ではフォトスタジオでウエディングドレス姿の撮影だけすれば十分と考える人が多いです。
また、海外での結婚式はアウェー感があって嫌だと感じるものです。

 

出身国や価値観によって変わりますが、結婚相手はこうした考え方を持っていないかもしれません。
結婚式を挙げることに強いこだわりを持っていることもあるので、「国際結婚だから結婚式はやらない」と自分の意見だけで決めてはいけません。
費用やゲストの問題など国際結婚ならではの注意点もありますが、まずは結婚相手の意向や希望を聞いて話し合うことから始めてみましょう